ベビーローションの使い方について:塗る回数は?塗りすぎ注意?

赤ちゃんのスキンケアでベビーローションを使う場合、

  • 効果的な使い方は?
  • 塗る回数に決まりはある?
  • 塗りすぎると危険なの?

そんな疑問や心配も浮かびますよね。

そこでここでは、ベビーローションの使い方について、詳しくまとめてみました。

 

 

ベビーローションを塗るタイミングについて

基本的には、朝と入浴後の2回使用します。

朝のスキンケアには、「昼間に触れる刺激から肌を守る」という意味あいがあるので、湿ったタオルなどで肌を清潔にした後、ベビーローションを塗るようにしましょう。

また、入浴後は肌の水分が蒸発してしまう時間なので、出来れば5分以内、遅くても10分以内に塗ってあげるようにしましょう。

※入浴後から寝るまでに時間が空く場合は、就寝前にも塗ってあげるのがオススメです。

 


他にも、乾燥が気になった時にサッと塗ってあげるのもオススメです。

 

 

ベビーローションを塗る手順

①赤ちゃんの肌とママの手を清潔にする

ベビーローションは、キレイな肌に塗っていくのが基本です

入浴後であれば問題ないかと思いますが、首や肘、脇などのシワが寄りやすい場所は汚れが残っていることがあるので、意識的に洗うようにしましょう。

朝にタオルで拭く時も、少し気にしてみてください。

ママの手も、キレイに洗っておきましょう

 

②こすらず、なでるように塗る

ベビーローションは乳液タイプなため、摩擦を軽減してくれる作用が薄いです。

肌の角質層を傷つけない為にも、なでるように、滑らすように塗ってあげましょう

※しっかりマッサージをしてあげたい場合は、ベビーローションよりもベビーオイルなど粘性が高いものを選ぶのがオススメです。


洗い残し同様、シワが寄る部分は塗り忘れやすい部分です。

汗や雑菌などが溜まりやすい場所でもあるので、しっかり塗ってあげましょう。


 

③保湿力が足らない場合は?

ベビーローションだけでは保湿しきれない場合は、クリームなどを上から塗ってあげるのがオススメです

大人の方のスキンケア同様、ローションで潤いを与え、クリームで蓋をするような感じですね。

※併用する際は、なるべくサラサラと粘性が低いものを先に塗り、あとからこってりしたものを付けるようにしましょう。

【サラサラ⇒こってりへ】

 

 

 

具体的な塗り方は?

使用量は、基本的に手足であれば1円玉、お腹や背中に対してはもう少し大き目が目安となります。

ママの手で温めた後に、ゆっくり塗っていきます。

 

手足など四肢に使う場合は、肩から指先にかけて、胴体に塗る場合は中心に塗り広げながら外側に広げていく方法がオススメです。

毛穴の向きなどもあるので、肌のへの負担が少なくなります。

 

仕上がりは少しべたつくくらいが理想で、触ってもちっとお肌が付いてくるくらいが目安です。

特に顔は外気に触れる場所なので、しっかり塗ってあげましょう。

 


※すぐになじむので、しっかりと肌を覆うくらい塗りましょう。

終わったら素早く服を着せて、なるべく肌が外気に触れないようにして保湿力を持続させましょう。


 

 

ベビーローションの塗りすぎは危険?

角質層が吸収できる成分には限りがあるので、無理やす塗り込むような方法がお勧めできません

ただ、表面をなでるように塗るのであれば問題ないので、量よりも塗り方に注意する方が安全です

少し出しすぎてしまった場合は、時間をかけて塗ったり、少し広い範囲で使ってあげるのが良いかと思います。

 

 


オススメのベビーローション3選を、こちらでご紹介しています。

 

ベビーローションをいつからいつまで使うべきかを、こちらでまとめています。

投稿を作成しました 3

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る