ベビーローションでスキンケア:いつからいつまでするべきなの?

赤ちゃんのスキンケアとして、ベビーローションを検討されている方もいらっしゃると思います。

しかし、そこで疑問に思うのが、

  • いつから使っていいの?
  • いつまで使えばいいの?

このようなことではないでしょうか?

敏感な肌だからこそ使い始める時期が気になりますし、肌の状態が良くなったのにいつまでも使う必要もないとも思いますもんね。

そこでここでは、「ベビーローションはいつからいつまで使うべきなのか」について、詳しくまとめてみました。

 

 

ベビーローションはいつから使っていいの?

産まれてすぐの赤ちゃんは、胎脂(たいし)という保湿膜を身にまとっているため、肌が極端に乾燥することはありません。

しかし、沐浴が始まるとその胎脂がはがれてしまうため、肌の乾燥が進んでいきます。

そんな理由もあって、退院後すぐにスキンケアをするべしという事が一般的に言われるようになりました。

 

ベビーローションは「0歳~」というものが多いので、産婦人科から退院するときを1つのタイミングとして、使い始めるのがオススメです。


※予備知識

国立成育医療研究センターの研究の結果、

”新生児からの全身の保湿ケアが、アトピー性皮膚炎の発症率を3割減少させる”

という報告が出ています。

アトピーには遺伝的な要因もありますが、予防できる可能性があるのであれば、しっかりとケアしてあげたいですよね。


 

 

 

ベビーローションはいつまで使うべき?

ベビーローションでのケアをいつまで続けるかに関しては、特別な決まりはありません。

敏感肌のお母さんと一緒に使うことができるものも多いので、大人の方でも使うことができます

また乳児湿疹以外にも、乾燥が気になる場合は継続的に使っていっても問題ありません。

 

ただ、これは1つの目安ですが、「子供の肌は3歳頃になるとバリア機能が整ってくる」と言われています。

いつまで使うか迷っている方は、3歳を一区切りにしても良いかもしれませんね。

その後は肌の乾燥や湿疹などに合わせて、低刺激な保湿剤などを使用していくことがオススメです。

 

 


肌の保湿は年齢問わず重要です。

できることなら、継続的なケアを続けられると良いですね。

 

 

 

肌を育てることも大切

最近のスキンケアの考え方として、「肌を大事にしすぎると、なまけてしまう」というものがあります。

つまり、甘やかしすぎると、自分の力で潤いを生んだり肌を修復する能力が低下してしまうということです。

その為、肌の状態が良いにも関わらず、過剰に美容成分や保湿成分を詰め込んだ高品質な化粧品ばかりを使うのは、あまりお勧めできません。

 

普段のスキンケアとしてベビーローションを使う場合は、シンプルで癖がなく、且つ低刺激なものを選ぶのがオススメです。

⇒「不足する分だけを補い、肌自体の機能もしっかりと育てていく」

そんなお肌のケアが理想ではないでしょうか。

 

 

まとめ

ベビーローションは、基本的には新生児期から使い始めることができます。

そして終了時期に関しては、とりあえず3歳を1つの目安として使ってみるのが良いかと思います。

 

なにがオススメなの?という方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

特徴の違うベビーローションを、3種類ご紹介しています。

 

投稿を作成しました 3

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る